青島ビール quingdao beer

後になって考えるとずいぶん変なことをしたと思う。青島に行ったのは、ビール工場の見学が出来ると聞いていたからだ。緑色のガラスびんが無数に並んでいるイメージを想像して、きれいだろうなと考えていた。青島は1900年代の初頭、ドイツや日本の占領され、たくさんの洋館が建ち並んだ。この街には洋館だけでなく、海や緑や丘や教会のあるきれいな街の印象がある。いわゆる中国という感じはしない。うまく捉えられない春霞のようなイメージのある街だ。

鄭州という街から青島に着いた。そのままビール工場に行ってみたが、見学することはできなかった。交渉してみたが、現在は旅行会社を通してのみ見学できるということだった。仕方なく工場横の直売所でビールを飲んだ。ビールの味はぜんぜん期待していなかったが、意外なほどおいしかった。(2017.12.5)